キレイモ クーリングオフ

MENU

キレイモのクーリングオフ

キレイモでの契約も、クーリングオフの条件にあった契約であればクーリングオフが可能です。脱毛サロンでの契約はクーリングオフの対象となる契約になるので、決められている条件に合った契約の場合は契約から一定期間内であればクーリングオフが可能なんです。

 

このことを知らない方は意外に多いです。クーリングオフは消費者ならきちんと理解しておきたい制度。脱毛サロンでの脱毛を検討しているなら事前にどんな契約が対象になるか、クーリングオフの手続きはどうやってやるか、調べてから契約すると安心です。

 

クーリングオフはこんな制度です!きちんと法律で定められた制度です

クーリングオフは、一定の期間内であれば無条件で契約を解除できるという、消費者を守るために作られた制度のことです。契約というのは一度成立すると普通は解除できないのですが、これに例外を設けたのがクーリングオフ制度ということになります。
クーリングオフができる取引は法律で決まっていて、脱毛サロンとの契約もその中に含まれています。脱毛サロンの他にエステティックサロンとの契約も同様です。

 

クーリングオフできる取引には条件があります。脱毛サロンやエステティックサロンとの契約の場合は、期間が1ヶ月を超えるもので金額が5万円を超えるものという条件があります。また、法廷書面を受け取った日から8日以内でなければクーリングオフをすることはできません。

クーリングオフはどこでどうやって行うの?

クーリングオフは、どこかに届け出るとか、そういう制度ではありません。自分で行えます。書面で行う決まりがあるので、ハガキなどの書面でクーリングオフする旨を通知します。期限を守ることと、送付の記録を取っておくことなど、注意点もいくつかあります。

 

クーリングオフをしたいときは、お住まいの地域の消費生活センターや国民生活センタに相談することをおすすめします。土日でも相談を受け付けてくれる窓口があります。クーリングオフができる期間は限られているので、早めに相談することが大切です。

 

書面の書き方は国民生活センターのホームページなどにも見本があります。窓口に相談すれば書き方も教えてくれます。まずは相談してみるといいと思います。クーリングオフの通知書を送付するときは、送付の記録が残る方法で送付すること、控えを取っておくこと、必ず期限内に行うことなどの注意が必要です。